Kajsa Kavat|カイサとおばあちゃん

【vintage】アストリッド・リンドグレーンの短編集

アストリッド・リンドグレーンの11編からなる短編集。挿絵はイングリット・ヴァン・ニイマンが手掛けています。
スウェーデン語で、kavat は「元気があって勇気がある」といった意味。
カイサはとても活発な子ともだったので、おばあちゃんから「Kajsa kavat(カイサ・カヴァート)」と呼ばれていました。


言語|スウェーデン語 作|Astrid Lindgren 絵|Ingrid Vang Nyman
サイズ|193×128×18mm 製本|ハードカバー(布の背表紙) ページ|148 
発行|1964 出版|Rabén Sjögren

※本品は1960年代に発行され、北欧の一般家庭で親しまれてきた輸入ヴィンテージ本です。
個々の状態にもよりますが経年劣化による破損、変色などがある場合がございます。
ヴィンテージならではの風合い・個性とご理解いただければと思います。詳しくは下記をご参考ください。

【商品の状態】ヴィンテージとしては概ね良好な状態です。
カバー ★★★☆☆☆☆:擦れ、角のダメージ、色焼けなどの経年劣化がみられます。
中面  ★★★☆☆☆☆:全体に少々の色焼け、製本の緩みなどの経年劣化がみられます。見返しに一部破れがあります。
中表紙に前所有者のサイン有り。