Wilhelm Kåge Keramikens mästare

【used】ヴィルヘルム・コーゲの作品集

ウィルヘルム・コーゲ 陶芸の達人

画家・グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートさせたWilhelm Kåge(ヴィルヘルム・コーゲ1889-1960)は、スウェーデン工芸協会(Svenska Slöjdföreningen)の推薦を受け、グスタフスベリ製陶所へセラミックデザイナーとして入社した。1917年、28才のことである。

もともとグスタフスベリは17世紀中葉、貴族の所領地とその附属煉瓦工場として始まったが、経営主体の移行とともに、1825年、ドイツの製陶技師を迎え製陶所として新たなスタートを切った。当初は英国風、銅版プリントもの主体であったが、やがて、北欧模様によるNordiska Stilの作品群を世に出すなど、国際社会でも高い評価を得るに至った。

しかし、近代工業化の流れとともに、一般市民生活の質的向上に資する、良質なマス・プロダクトへの要請が高まり、1910年以降、スウェーデン工芸協会は有能な若手芸術家・建築家を、分野を超えた産業の世界(特に、ガラス・陶磁器産業)へ積極的に招致し、デザイナーと職工の協働による生産体制構築を図った。デザイナーWilhelm Kågesもそのひとりとして、グスタフスベリ製陶所に招かれたのである。

同年Kågeは、ストックホルム、リリエヴァルクス・ギャラリー(Liljevalchs Konsthall)で開催された「生活博覧会Hemutställningen」に、「Liljeblåリリエ・ブロア(青いユリ)」サーヴィスを出品。過装飾を廃したフォルムに、コバルト・インクによるシンプルな「ユリ」をアクセントポイントとした当時としては斬新なデザインであった。また1933年には、機能主義的なテーブルウェア「PRAKTIKAプラクティカ」シリーズを発表。これら氏の作品群は、既存の装飾的な新古典主義を脱した、北欧モダン・デザインの封切りとなる象徴的なプロダクトだったのである。

一方1910年代以降、グスタフスベリ製陶所ではプロダクト製品とともにアート・ポタリーの制作にも重点を置いた。Kågeのアート・ポタリーとしては1930 年に発表した「ARGENTA(銀)」シリーズがある。深い緑釉・暗赤釉を掛けた陶胎に、熟練の職人が拡大鏡を駆使しながら丹念に銀箔で象嵌を施したもので、1950年代まで制作が続けられ、今だにコレクター垂涎のシリーズとなっている。

1942年、グスタフスベリ製陶所は業務多角化ともに所内に美術部門「通称G-STUDIO」を設立。ここを拠点に、Kågeは晩年に至るまで、作家性の高い作品群を世に出していくのであるが、同時に、轆轤陶芸家Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ1899〜1981)、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ1916〜1982)、さらにその後進リサ・ラーソン(Inga Lisa Larson1931-)等とともに、1950年〜1970年代、グスタフスベリ製陶所の黄金期を築いて行ったのである。

本書は、スウェーデンのジャーナリストGisela Eronn(ギセラ・エロン)による著書。様々なポスターを制作したグラフィックデザイナーKågeから始まり、グスタフスベリ製陶所でのモダンデザインによる様々なサービス製品を世に出したKåge、後半では、アート・ポタリーARGENTAとFARSTAを中心に論じている。



言語|スウェーデン語 
作|Gisela Eronn
サイズ|246×174×17mm 
ページ|152  
製本|ハードカバー + 紙カバー 
発行|2006 
出版|Prisma 
ISBN|91-518-4605-5

※本品は輸入中古本です。個々の状態にもよりますが、経年劣化によるカバーの擦れや角のダメージ、中面に書き込みなどある場合がございます。詳しくは下記をご参考ください。

【商品の状態】
紙カバー★★★★☆☆☆
:少々の擦れ、キズ、角のダメージなどの経年劣化がございます。
カバー ★★★★★☆☆
:少々の角のダメージなどの経年劣化がございます。
中面  ★★★★★★☆
:全体に少々の色焼けなど経年劣化がありますが、概ね良好な状態です。