Lasitehtaasta museoksi|From a Glassworks to a Museum

タピオ・ヴィルッカラによるフィンランドガラス美術館のヒストリーブック

1961年に設立された、フィンランド、リーヒマキ(Riihimäki)の Suomen Lasimuseo - フィンランド国立ガラス美術館では、フィンランドにおけるガラス工芸の歴史を紹介するミュージアム。

かつてはガラス工場だった建物に常設展示を設計したのが、フィンランドを代表する工業デザイナー、Tapio Wirkkala - タピオ・ヴィルッカラでした。本作はそのヴィルッカラによる展示プランなどを紹介した本です。


言語|フィンランド語・英語 編集|Timo Keinänen, Uta Laurén, Hanna Walther-Mamia
サイズ|255×210×28mm 製本|ハードカバー
ページ|141 発行|2019 出版|Parvs ISBN|978-952-7226-43-8

※輸入品、カバーに少々の擦れや、角に少々のダメージがある場合がございます。
また、商品価格につきまして、仕入れ元での価格変更や為替相場の変動、
各国の郵送料の変更等の理由で変わる場合がございます。ご了承ください。