Signe Persson-Melin|Keramiker och formgivare

【used】シグネ・ペーション・メリンの作品集

Malmö(マルメ)の町を中心としたスウェーデン南端スコーネ地方。スウェーデンの“心の故郷”と呼ばれ、また隣国デンマークの文化・伝統も身近にし独特の風景を映しだしています。Signe Persson-Melin(シグネ・ペーション・メリン1925〜)は、このスコーネ地方の町Tomelilaで生まれ、Malmöを拠点に、スウェーデンとデンマーク、両国の手工芸の伝統文化を吸収しながらモダニズムへと昇華させた類まれな陶芸・グラスアート作家といえます。

氏は、10代の頃からすでに陶芸をこころざし、高校を中退してMalmö 近郊の鉢物工場で働きました。それがこの世界への第一歩となりました。1944年にストックホルムのKONSTFACK(現在の国立芸術工芸デザイン大学)に入学。戦争終結とともに、1945年コペンハーゲン芸術工芸学校に転籍し陶芸とガラスデザインを学びました。1947年夏にはデンマークの名窯SAXBOにて設立者Natharie Krebs(ナタリー・クレブス1895-1978)に師事。ここで、陶芸家が自らの工房で働く意味を理解したといいます。

また、その頃イギリスへ旅行しバーナード・リーチ工房を訪ね、韓国、日本の手工芸(民藝)の世界にインスパイアされました。また、ルーシー・リーの世界にも触れ、単調なストロークをベースとした洗練されたデザイン、テクスチャを活かす釉薬の活用法に新しい境地を見出したといいます。

1951年Malmöに自身のスタジオを持ち、1953年ストックホルムGalerie Moderneにてデビュー展を開催。その後多くの展示会に意欲作を出品し、1955年、スウェーデン手工芸協会主催のH55展(Hälsingborgsutställningen1955)にて錫釉薬の陶器とコルクを組み合わせたスパイスポットを出展、その機能美あふれる造形で一躍有名となりました。1958年には、北欧のデザイナーを対象とする最も権威のあるルニング賞を受賞。

以来、BODA(ボダ)、BODANOVA (ボダノヴァ)、RORSTRAND(RORSTRAND)、DESIGN HOUSE STOCKHOLM(デザインハウスストックホルム)、HOGANAS KERAMIK(ホガナスケラミック)、SVENSKT TENN(スヴェンスク・テン)、GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)で作品を発表しています。

1985年にはストックホルムの国立芸術工芸デザイン大学ガラスセラミックデザイン部門の教授に就任。1990年に退官し、2000年以降、再び地元Malmöにスタジオを構え創作活動にあたっています。

本書は、1997年に出版された氏の作品集。マルチポットのイラストが描かれた半透明の表紙カバーがかけられ、装丁も美しいコレクションブックとなっています。


言語|スウェーデン語 作|Kerstin Wickman 作品|Signe Persson-Melin
サイズ|290×210×20mm ページ|160  製本|ハードカバー(布張り)+ トレーシングペーパーのブックカバー
発行|1997 出版| T & M Förlag ISBN|9163057379

※本品は輸入中古本です。個々の状態にもよりますが、経年劣化によるカバーの擦れや角のダメージ、中面に書き込みなどある場合がございます。詳しくは下記をご参考ください。

【商品の状態】
紙カバー★★★★☆☆☆
:全体に少々の色焼けなど経年劣化があります。
カバー ★★★★★★☆
:少々の経年劣化がありますが、概ね良好な状態です。
中面  ★★★★★★☆
:少々の経年劣化がありますが、概ね良好な状態です。