Om Lys|Poul Henningsen

【vintage/1974】ポール・ヘニングセン 光について

19世紀終盤に発明された白熱電球は、20世紀に入るとともに実用化に向けられていったが、当時、一般住宅に電気照明器具が設置されることは少なく、依然キャンドルやオイルランプが主流であった。照明器具としても、シャンデリアのような室内装飾の意味合いがまだ強かった時代である。

デンマークの建築家Poul Henningsen(1894-1967)は、労働者に十全な生活環境を提供する住宅デザインにおいて、光の、照明の、新たなデザインが不可欠であることに思い至った。空間構想から明かりを見つめるこの眼差しは、同時代フィンランドの建築家Alvar Aalto(1898-1976)の志向に通じるものではあるが、Poul Henningsenは、光環境そのもの、照明器具そのものの新しい理論の構築と開発へ向かって行ったのである。

氏の照明器具としては、「PH5」や「PHアーティチョーク」等が世界的に有名であるが、そこに至るまでには、1925年パリ万博デンマーク館設置の「パリランプ」等を始めとする数々の実作と、「近代照明の三原則」等の照明理論の論考、構築があった。

氏自身の手になる著書はないが、1941年ルイスポールセン社広報誌「NYT(new)」創刊にあたり編集長となり、それ以外にも、「Politiken」「Social Demokraten」等の新聞において論説委員を務め、各紙誌が理論構築の格好の場となった。本書は、それらの照明理論を中心に編纂された集大成であり3000部限定で氏没後の1974年に出版された。

ちなみに、Poul Henningsenは、照明デザイナー以外にも、時評家、建築家、映画監督、シンガーソングライターと多彩な顔を持っていたが、グランドピアノのデザインも行っていた。そのピアノ「PH Grand Piano」は、Alvar Aaltoの住宅作品Villa Maireaリビングルームにも据えられている。



言語|デンマーク語
作|Edde Christensen
サイズ|288×215×22mm 
ページ|232
製本|ハードカバー + 紙カバー
発行|1974
出版|Rhodos
ISBN|87-7496-434-8

※本品は1970年代に発行され、北欧の一般家庭で親しまれてきた輸入ビンテージブックです。個々の状態にもよりますが経年劣化による破損、変色などがある場合がございます。ビンテージならではの風合いとご理解いただければ幸いです。詳細は下記ご参考ください。

【商品の状態】
紙カバー★★★☆☆☆☆
:色焼け、角のダメージ、少々の破れなどの経年劣化がございます。
カバー ★★★★★★☆
:少々の経年劣化がありますが、良好な状態です。
中面  ★★★★★☆☆
:全体に少々の色ヤケなど経年劣化がありますが、概ね良好な状態です。