Kajsa Kavat|カイサとおばあちゃん

アストリッド・リンドグレーンの10編からなる短編集。挿絵はイングリット・ヴァン・ニイマンが手掛けています。
スウェーデン語で、kavat は「元気があって勇気がある」といった意味。
カイサはとても活発な子ともだったので、おばあちゃんから「Kajsa kavat(カイサ・カヴァート)」と呼ばれていました。
布張りの背表紙や、リンドグレーンのサインがゴールドの箔押しされているなど、装丁も凝っています。


言語|スウェーデン 作|Astrid Lindgren 絵|Ingrid Vang Nyman
サイズ|215×160×13mm ページ|112 発行|2014 出版|Rabén Sjögren ISBN|9789129657685

※輸入品の為、カバーに少々の擦れや、角に少々のダメージがある場合がございます。ご了承ください。
また、商品価格につきまして、仕入れ元での価格変更や為替相場の変動、
各国の郵送料の変更等の理由で変わる場合がございます。ご了承ください。